ニコラちゅわぁぁあーーーーーーん!!!CODE VEIN-6

2019年10月10日CODE VEIN

 

 

 

結論:エロボスが多いね。

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

 

わたくし何と今職場にPCを持ってきて休憩時間中にこれを書いているw

いやもう早く進めたいし早く記事にしたいし、早く進めたい!!(笑)

 

もうクリアしたい!まだまだだけど。

 

 

職場の人に見られたら、おー何してんの?パソコン持ってきてと聞かれてしまうし

いえ、ちょっと…て答えるのもめんどいから嫌だったけど(そしてまだ何と答えるか決まってない)。

 

 

書き上げるのは無理だけど、いけるとこまでいってやんぜ!

(更新時間は帰宅後です)

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

前回→ほんと誰も報われない世界(褒めてる) CODE VEIN-5

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

巨大風穴で美少女と出会います

話がのっけから逸れますが、拠点には温泉があるの。

たまに気分転換(パンツが見たくなったら)で入るよ。

 

 

運がよければ、拠点のキャラ全員が温泉に入ってることもあって、ただ来るだけでも楽しい。

デイビス(総督府のマッチョ)だけは未だ見たことないので、温泉は利用しないのかも。

 

 

 

 

女体はハリオで足りてるのですが、もー大好きヤクモが体までほんといい男なの~♡

岩と星空どんだけ似合うの。軽率に抱いて欲しいです。エロ過ぎマン。

ルイは常にお湯に遣ってるので、なかなか上半身撮れず。

 

よかった。最近美少女に対する萌えが強すぎて自分が心配だったけど、わたしちゃんと乙女心持ってた。

 

 

 

 

で、旧市街地の中にはも1つダンジョンがあって、そこに行ってみました。

巨大風穴と言って、隕石でも落ちたのか?というようなおっきな穴の下におっきなホールが広がってるんです。

 

 

この風穴に入るためにはうまいこと足場を降りてかないといけないんですが、踏み外して死ぬこともしばしばだった私。

 

最後は、いつも通り踏み外したんだけどたまたま最下層の足場に着地するっていう

二度とできなさそうな芸風で辿り着きましたw

 

 

 

 

 

岩場の下は霧に覆われ、マップもあってないようなものですんごい彷徨います。

でも今まで旧市街地でビビりながら戦ってたので全然たまらなかったヘイズ(経験値兼お金)がここではがっぽがぽ。

 

もっと早く来ておけばよかった……。

 

 

 

 

 

入り口で、座って一休みイベント。

ヤクモがおにぎりを食べ始めます。

レヴナントは血さえあればオッケーで、空腹にはならないので食事は必要はないけど、ヤクモは「だからこそ食べるという行為が大事」と言います。

 

 

 

確かに拠点で最初に握手する時も、ヤクモは手に持ったりんごを投げてよこすシーンがあるんですよね(りんご投げるとか謎すぎて割愛しましたが)。

ヤクモが人間らしい「食べる」ことを大切にしてるという表れだったんでしょう。

 

 

 

血を吸って、戦ってを繰り返すだけの日常ですが、それだけだと自分という存在が消えてしまう。

それは自分の形をした自分ではない何かで、俺はそうはなりたくない。

そして、おにぎりはヤクモが軍隊にいたころ、休憩中に必ず食べていたんだそうです。

これを食べると、その時の仲間の笑顔を思い出すとか。

 

 

 

 

ええ話や~。

私のヤクモ株15くらい上げてくるやん。

 

 

比べるものでないのは承知だが、こうしてみるとFF15の食事のグラってほんとすごかったのね。

ヤクモはおにぎり上手に作れる女といつか結婚するんでしょう。結婚とか許さん。

 

 

 

 

さ、おにぎり休憩が終わったら出発です。

 

 

経緯は割愛しますが、まあ迷子って迷子って、死んで死んで死にまくり

あ”あ”あ”あ”~~~~~!!!!と汚い叫びを何度もあげた私の姿は想像に難くないでしょう。。。

 

 

なんとか風穴の中間地点に辿り着きます。

泉ふっかーつ!

 

 

 

 

そしてルイが秘密兵器を垂らす!

この光は旧市街地の方へ伸びていて、何か見落としがあったのかもという結論に至ります。

 

 

 

じゃあ戻ろうぜ……とヤクモが言いかけた途端、突然斬りかかってくる美少女キャラが登場!!!

 

 

 

 

 

またヤクモんとこに来てくれるところが。

分かってるわこの子…(攻撃を華麗に防ぐヤクモ株上昇)。

 

 

まあてか、この3人の中だとヤクモが一番強いから、最初に奇襲かけて潰そうとしたんだろうね。

それを一瞬で判断してやってくるこのお嬢ちゃんすごいよね。

 

 

うちの子も跳ね返したんやで!

うちの子も頑張ってるんやで!

 

 

 

 

 

彼女の名前はミア

幼い弟がロストになりかけており(まだ自我はある)、それを治すために血涙狩りをしていました。

 

ミアは、後々バディにもなってくれるレヴナントです!

最初はこんな出会い方するんですね。ふんふん。嫌いじゃないよ(=好き)

 

まあ、お胸はまだ将来に期待って感じです。

 

 

 

3対1の戦いに発展しそうでしたが、ミアの弟ニコラがヤクモに石を投げ、姉を守ろうとします。

 

お、幼い……。こんな小さいのに…可愛いとか言う以前にひどい…。

 

 

ケビン少年然り、子供のレヴナントは大人にいいように使われて死ぬまで血涙集めさせられるケーズも少なくないみたいです。

北斗の拳の世界じゃないか……。

 

 

 

 

 

 

またニコラを守るため本気で威嚇するミアも切ない…なにこの二人つらい…。

 

 

 

 

 

はいここでまたヤクモ株上昇!

血涙あげちゃうーーーーー!!

いやこれはあげるしかないよねぇ…またルイとヤクモの紳士っぷりが爆裂でぃ。

ミアそこ代わって。

 

 

 

 

血涙1つ分を飲み干したニコラですが、ロスト化は全く改善されません。

 

 

 

 

 

礼を言い、さらなる血涙を求めて奥に進む二人。

協力を申し出るも、丁重にお断りしていってしまいました。

ロケットのリュックがまた悲しい。

ニコラが可愛ければ可愛いほど悲しい。

 

 

今思い返すと割と強烈なシーンでした。

 

 

 

そ・し・て…♡

ヤクモが気にかけて追いかけたそうにしてる~♡

もちろんルイも同意。私も同意。優しい~~~~♡(贔屓)

 

 

今回ヤクモヤクモ言い過ぎてやばいw

あのねーヤクモはねーいつもどんと構えてるし、ポジティブだし、仲間を愛してるし、シックスパックなの!!だから大好き!!(笑)

 

 

ルイも大真面目イケメンで大好きなんですけどね、なんか暗いのよね…。

でもルイは過去匂わせ系だから、後々それがちゃんと明かされるんですけどね!

早く笑顔にならないかなあ…。

 

 

 

女は愛嬌って言葉が昔はありましたが、男の人でも笑顔でいてくれる人には惹かれますな~。

 

 

 

 

 

 

 

ボス:湿潤の処刑者

風穴の最奥に入る手前で、ミアの悲鳴が聞こえます。

ニコラを殺すような会話もあり、一行は急いで現場へ!

 

 

 

すると、謎の男がミアに剣を向けていました。

そして時既に遅く……ニコラはこの男に殺されていたのです

 

 

男は一瞬のうちに、赤い霧になって消えてしまいます。

登場から5秒くらいでいなくなった気がする。早くCV聞きたいな~。

 

 

 

心臓を刺されたレヴナントは、灰になって完全な死に至ります(心臓が無事なら、致命的な重傷でも蘇ります)。

 

ミアは茫然自失。何も言葉が出てきません。

 

 

 

 

ショックを受けるのも束の間、足元の水辺の中からロスト??ボスが登場。

 

 

 

 

 

ふわ~お♡なポールダンス…。

ツインテだしもう完全にどっかのりせちーみたいな敵w

ミアに見た目(おっぱい以外)が似てるのは、何か意味があるんでしょうか??

 

 

 

無意味で金髪ツインテにするかしら…?うーん。しそう(笑)

 

 

 

ここも上司に、スロウに備えろって教授もらったので万全にスロウ対策&両手剣スキルを強くして臨みました。

もう必死過ぎてあまり記憶がないw

多分、自分が「頑張った!」と思っている以上にヤクモ頼りな戦い方をしていたと思う。

 

 

でもスロウクリアも駆使したし再生力は使い切ったし(それもどうなのか)とどめは自分で刺したし、いやー初見のオリバー戦からするとだいぶ成長したの私

 

 

 

なんとかボスを撃破したあと、ミアがニコラの灰をすくいあげる。

すると、その中からニコラの血英核が…!

普通のレヴナントがこれに触れるとロストに堕ちてしまうため、瞬時にミアから血英を取り上げるハリオちゃん。

 

 

 

 

 

急いで自身の体に吸収します。

てか、キャラクリの時にせっかくボイスも選べるんやからもう少し声出してくれへんかなぁ…。

 

まだ敵に攻撃されたときの「そんなっ!」しか聞いたことないんだけどw

 

 

 

 

ともあれ、いつも通り記憶の残滓に誘われるハリオ・ルイ・ヤクモ。

「ミア、行ってくるね」と、ミアに声をかけるニコラの記憶。

ミアはおそらく、レヴナントとして覚醒する前なのかベッドで眠っています。

 

そしてこの場面で、ニコラと一緒にいるのは先ほど彼を殺したあの男なのです。

 

 

 

二人は、しばらく一緒に旅をしていたようです。

「入れば、二度と外には出られなくなる…本当にいいのか?」

「いいんだ。ミアは、僕が守る」

という会話。

 

 

ニコラが確実にイケメン過ぎる…!!( ˘ω˘)

これ以上私のショタをひどくしないでw

 

 

二度と出られないのになんでさっきそこにいたの?あれは本当はニコラじゃないの?どういうこと???と湧き出る疑問。あー早く進めたい。

 

 

 

 

記憶の残滓から出ると、ロストになりかけているミアの暴走が始まっていました。

 

 

抑えるためにルイに抱きしめられてるそこ代わってぇえええええええええ!!!!!!!

ハリオのことも女性扱いしてぇえええええええ!!!!私にも優しくして!!!

 

 

えー、ミアの暴走を血涙で抑え、拠点で保護することにした3人でした。

てかルイたち意外と血涙めっちゃ持ってる。

 

 

このゲームの中で毒蝶戦から数時間しか経ってなさそうだけど、もう5~6個は人のために使ったんじゃなかろうかw

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上!

 

ちなみに途中から家で書きました。

職場の休憩中には、運よく誰にも出くわさなかったぁーー!!(^ω^)

 

 

 

そして今回の記事、多分最長のFF15初回の記事と同等の長さになりました。

3800字越えしてますwごめんなさいww分けろよって。

 

 

 

ここまで読んでくださった方、本当にありがとうございます!!

細々と続けてるこのブログだけど、あなたのようにここまで読んでくれる人がいるから私は頑張れます。愛してる。

 

 

今回の記事にかかった時間は2時間、修正回数は1回です。

 

 

ではまた次回!→ルイとヤクモの過去が胸グサ CODE VEIN-7

ばいばい♪

 

 

 

スポンサーリンク