逆にすごいな。FINAL FANTASY XV-37帰郷

2018年7月29日FINAL FANTASY XV

 

 

 

結論:もうアプデ前には戻れない

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

 

久々にFF15を進めると、クライマックスになるにつれかなり追加シーンがあってびっくりしてます。

 

 

逆に今まで、この追加要素たちがない状態で一気にクリアまで駆け抜けてたんだと思うと、、、当初にあった虚無感とか物足りなさとか思い出せなくなってきました(笑)

まあ、不満点は改善された以上ずるずる覚えとくもんでもないですからね…

 

 

今回のシーンは、どれもすごく感動しました!!

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

前回→おじコル登場&10年越しのルーナ愛 FFXV-36

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ケルベロス戦

新宿をモデルに作られたというインソムニア。

以前にも書いたかもしれませんが、DOD3にも新宿エンドがあるあたり、新宿はダンジョンにしやすいんですかね?

 

 

という訳で地下鉄やビルの街並みは完全に現代日本のそれ。

 

 

 

 

すごい好きこの現実感ww

ノクトも電車通学とかしてたのかね~~王子だからそれはないか~(笑)

 

 

 

 

バス停。

こういうの見るとますます、崩壊前のインソムニアを歩きたかったですね。

 

写真もどこ撮っても真っ暗なのがもったいない。

 

 

 

 

城がよく見える広場まで来ると、アーデンが4人をお出迎え。

 

 

 

 

 

 

皆アーデンとは10年ぶりの再会だと思います。

 

 

ノクトが最初に「アーーーデン!!!」とそれはそれは憎々しそうに呼ぶのがすごいよかった。

世界を救うとか綺麗事以前に、自分から大切なもの全て奪っていった相手に対する恨みがましい声が。

 

 

 

 

「君の父上が命を削って張ってた魔法障壁だよ。真似してみたんだ」

アーデンは、簡単に城に入られても困ると言って障壁で包んでしまいました。

城の前に番犬を放ったともお知らせしてくれます。

 

そのまま消えてしまったアーデン。

軽快な立ち振る舞いだけど、ノクト達に対する怒り?憎しみ?は増しているように感じましたね。

 

 

10年待たせたから怒ってるんでしょうか。

 

 

 

 

 

サブクエを一通り終わらせて、番犬ことケルベロス戦に挑みます!!

 

 

ケルベロス自体は全然強くないです。

しばらく戦っていると、苦戦しているノクト達を助けにコルが現れるという展開なのですが…

 

 

 

1回目、どうやらコル登場前に倒してしまったのが良くなかったらしく、ゲージやら表示が全て消えて 死なないケルベロスと永遠に戦わねばならないというバグが発生。ちーん。

 

暇なのでしばらくスクショ撮って遊んでましたが、結局FFを再起動して再戦するはめに…。

ロイヤルはちょいちょいバグが残ってるみたいなので、それの一環でしょうか。

 

 

ググったんですが同じようなバグの人がいなかったのでちょっとひやっとしました(; ˘ω˘)

 

 

 

気を取り直してテイク2。

今度は少しゆっくりめに戦っていると、コルが頭上から飛び降りて助太刀にきてくれました!!

このためにちんたら戦ってあげる王というのもおかしな話や…(笑)

 

 

 

 

 

コルと5人で、今度はばしっと!とどめを刺しますが、ケルベロスは残りの力を振り絞ってノクトを殺そうとします。

 

ですがコルが、ノクトをかばって炎直撃………。

自称「王の盾」のグラディオ君は何をしているんですかね?

 

 

 

 

「どうやら ここまでのようだ…」

コルは最期まで本当にかっこいい男や…ここで死ぬんやな…。

 

 

↑このシーン、大人の男性ばっかりですごくいい。

ショタコンいきかけの私もこの豊作っぷりにはすごくときめきました。

 

このテンションならむさいおじさんいっぱいの戦争ゲームとかいけるかもしれない。

 

 

 

 

「陛下。私は決して忘れません。二人の良き王に仕え、共に生きたことを。

夜明け…待っているぞ」

 

 

コルは力強く言い、そのまま息絶える……のかと思いきや…。

 

……?

 

そのまま歩いて帰って行きました…。

あれ?死ぬ感じじゃないの…?

 

 

 

ちなみにノクトは電話でイリスやシドニーと10年ぶりに会話していて、その時は二人とも「早く役目を終えて無事に帰ってきてね」と嬉しそうに言ってて

ノクトも口ぶりを合わせてたんですけど。

 

 

 

コルはきっと、ノクトがもう帰ってこないこと分かってたんでしょうね。

なのでコル自身が犠牲になったのではなくて、単にノクトへの別れの言葉だったのかなという解釈。

 

 

 

 

 

 

神の力

ケルベロスを倒したにも関わらず、城は依然魔法障壁に囲まれたまま。

たくさんのシガイが4人に迫りくる中、ルーナが空から現れました。

 

 

 

 

 

ルーナは六神に呼びかけ、今こそ真の王ノクティスのために力を貸してと

一気に召喚獣を集めます。

 

 

 

 

ここからはアポカリプシス・ノクティスが流れて大迫力のイベントシーンでした!!

 

 

まずはラムウがシガイ達を稲妻で蹴散らし

 

 

 

シヴァが魔法障壁を凍らせ

 

 

 

リヴァイアサンは……ごめんちょっと何してたかよくわかんなかった。

 

 

 

タイタンパンチである程度障壁を壊して

 

 

 

 

最後はバハムートが剣の雨で全てを消し去る!

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ曲がいい…この曲とルーナがセットで出てきちゃうとだめだよ…うるうるしながら見てましたこのシーンは…。

 

 

 

 

 

ノクトがルーナを呼び、お礼を言うと「王よ 後はお願いします」と一言いってルーナは消えました。

 

 

 

 

二人がお互い駆け寄って触れ合おうとするところで消えるの…。

ずるいよ…切ないよーーー。何で最初からこのシーン入ってないの?

 

 

 

 

 

ルーナに伸ばした手を見つけてしばし無言のノクト…。

 

 

ルーナの想い、六神の想いを託されたノクトは、自分の使命を果たすという決意をさらにさらに強くして、玉座に向かうのです。

 

 

 

障壁が消え去った後には、10年前と変わらない美しい王都城がそびえ立っていました。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上!

 

アプデ前は、オルティシエで死んでしまうところしか見せ場のなかったルーナの活躍が増えててすごく嬉しいです。

エピソードイグニスで「ルーナには死してなお神凪としての使命がある」みたいなことをレイヴスが言ってたんですが、その意味も分かりました。

 

 

 

またルーナが死ぬ時三途の水の中で言ってた「遠いところからあなたを見守っている」という台詞も、今回本当にノクトがやばいとことで登場してくれたことで

「あ、本当にずっと見てくれてたんだ…」と愛の証明のようにも思えました。

 

 

とにかく、15のヒロインはこれでやっと色んなことが繋がってよかったなーという気持ちです。

良かった!!

 

 

今回の記事にかかった時間は1時間半、修正回数は1回です。

 

 

ではまた次回!→「常に胸を張って生きろ」FFXV-38

ばいばい♪

 

 

 

スポンサーリンク