黒の絵の具って何?リディー&スールのアトリエ-22

2018年4月4日リディー&スールのアトリエ

 

 

 

結論:意外なところが胸を締め付けた

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

 

クライマックスに差し掛かったリディースール、お母さんのピンチを早速救いに行きますよ!

前回→泣かせにきた リディー&スールのアトリエ-21

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

第11話「黒の絵の具」

オネットがいる絵画の中から、母が助けを求める声を聴いたリディー達。

 

前回「母オネットがいる世界」の中の絵画が黒く浸食され、魔物が出てきたのも現実世界ではなく絵画の中の出来事でした。

 

 

 

 

 

先に魔物の足止めに向かっていたロジェを追って駆け付けた双子により敵瞬殺。

 

 

 

 

 

 

そして絵画アトリエの地下室に降りると、本来「天海の花園」が飾られているはずなのに真っ黒の絵になっていました。

 

 

 

 

 

ネージュが「黒の絵の具に気を付けろ」と話していたことを思い出した双子は、早速ご本人に話を伺います。

 

 

 

「あの魔物が『黒の絵の具』。またの名を『レンプライア

絵の世界に生じた歪みそのものよ」

 

 

その歪みが絵の世界でどんどん広がると、絵画自体に黒いシミが広がり最終的には黒塗りになってしまうため、黒の絵の具と呼ばれるそうです。

 

 

 

一度黒くなった絵の中は虚無の世界となり、二度と元に戻らない。

虫歯と一緒です。

 

 

 

 

 

ネージュは、レンプライアを駆逐する方法は知りませんでしたが

このままではオネットが消えてしまうので双子は諦めません!

 

 

都中の書物を調べ、オネットを救う方法を探し始める。

 

 

 

 

 

王城、仲間のアトリエ、自身のアトリエ

とにかく調べられるだけの本を調べる。

 

 

スールって大の本嫌いなのに、そんなこと言ってる場合じゃないって一生懸命隅々まで見てるとこからちょっとやばいなって(涙腺)。

 

 

 

 

 

そして双子がただならぬ様子なのを見て、街の人たちが「あいつらにできることはないか?」と立ち上がってくれます!

 

なぜかここで泣いた。。。

 

 

 

最初は何でも屋って皆に言われてた双子だったのに、錬金術で色んな人を助けてきたことがこういう形で返ってきたことにめちゃめちゃ感動したし

 

頑張る姿は必ず誰かが見てくれてるって元気づけられたとにかく泣いた。

 

 

 

 

 

 

結果、みなさんのおかげですでレンプライアを倒す方法が分かりました!!

 

まあ、レンプライアの親玉がいるからそいつを倒せば浸食止まるという単純明快な感じで。

 

 

 

 

 

泣く双子。こんな綺麗な涙人前で流したい。

 

 

 

さあ行こう!レンプライアを倒しに!

 

 

 

 

 

 

 

余談。

黒い絵の中に行く前に、ロジェが錬金術で指輪(装備可)を作ってくれた!

 

 

 

 

今日もかっこいいロジェ。

めっちゃ強そうな指輪ありがとう!!

 

て思ったけど今つけてる装備より弱かったのでそのままオクラ入りした。

 

 

 

 

 

 

絵画「黒の地平線」

強い想いは奇跡を生み出すその影で、歪みをも生み出します。

怨嗟の声もやがては潰え、全ての想いは虚無の中へと沈みゆく。

 

 

 

 

 

黒と白が支配する、不思議な絵の終着点。

歪み壊れた奇跡の地『黒の地平線』

 

 

 

 

 

 

というわけでモノクロの世界にやってきた一行ですが、

このダークな色調がわたくしかなり好みです!!

 

 

 

 

 

戦闘シーンもなんだかかっこよく仕上がります↓

アトリエは、色使いがとても明るくてポップなんですが

明るすぎて白飛びするとこがあって(特にイルメリアのアトリエ)

 

テレビの明るさは適正なんですけど…

 

 

 

なのでキャラの表情についた影?鼻の影とか。

ちゃんとわかってよかった。

 

 

 

 

さすがに最後の絵画なだけあって、敵が追いかけてくるスピードがむっちゃ早い(笑)

し、数が多いです。

 

 

レベルアップや武器強化をして、いよいよレンプライア親玉に挑みます!

 

 

 

 

 

 

レンプライアコア戦

いよいよ…キタゼヨ!!

こちらキュオオンさんことレンプライアコアさん。Gみたいな黒光りがきしょいです(褒めてる)。

 

 

 

 

 

「お母さんのために、こいつは絶対に倒さなくっちゃ!」

 

 

 

 

もう怯まない二人!

 

 

 

 

 

 

大きくなったね。

この2枚の画像、横に並べたらぴったり繋がりそう。

 

 

 

 

 

 

レンプライアの攻撃は、とにかく禍々しかった(笑)

 

 

HPは1万、こっちはレベル60ちょいで少し苦戦した。

私はコンビネーションアーツが全く発動しないペアばっかりでパーティー組んでるのでそれがあればもう少し楽だったかな?

 

 

 

 

そんなレンプライアも、正義の前には倒れました。

てっきりここでエンディングにいくかと思いきや…物語はまだ続きます!!

 

 

 

 

 

 

新たな約束

「二人に、話さなければならないことがあるの」

 

 

 

オネットのアトリエに戻り、無事の再会に涙する母娘。

これでずっと一緒にいられると喜ぶ双子ですが、オネットは意を決して自分が近々消えてしまうことを告白します。

 

 

 

もともと未完成だったこの絵は、もろい世界で

オネットの存在自体も不安定だったことが原因です。

 

そのため、レンプライアの浸食も進むのが早かった。

 

 

 

 

オネットと二度目の別れが来ることにとてもショックを受けた双子ですが、最後は

「みんなのための錬金術師になるという新しい夢を叶えるから、どうか(消えても)ずっと見守っていて欲しい」

 

と、新たな夢の実現を約束。

大好きな母に抱きしめてもらい、改めて涙するのであった。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上!

 

この後「最終話」というチャプターに入ります!!

もうここで終わると思ってたので本当にうれしい。

 

 

 

最後に待つのは…Sランク試験です!!!

オネットに夢を叶えた双子の姿を見せるために頑張って走り続けるどー!!(^ω^)」

 

 

今回の記事にかかった時間は2時間、修正回数は1回です。

 

 

ではまた次回に→最終回だよ!リディー&スールのアトリエ-エンディング

ばいばい♪

 

 

 

スポンサーリンク