目まぐるしきこと。大逆転裁判-15

2018年4月3日大逆転裁判

 

 

 

結論:祭った。

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

久々の大逆裁( ˘ω˘)♪

前回は、最終話が始まったところでした!!(表現ややこしいw)

 

 

前回→新章!語られない物語の冒険 大逆転裁判-14

 

 

 

これまでのようにゆったり平和に進むのかなと思っていましたが、

ここにきて急展開の嵐&伏線の回収がきてます!!

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

撃たれたホームズ

 

質屋でジーナが引き取った、メグンダルの遺品を巡って推理バトルなどしたその日の夜。

 

 

 

ワトソンちゃんから、亡きパパのことについて話をしたナルホド達。

 

ワトソンパパは、実際の小説通り医学博士のおじさんで

ホームズの相棒でもあり、いくつもの怪事件を二人で解決してきたそうな。

 

 

 

 

 

 

パパは事件を全て記録に残し、今もこのリビングの箱↑の中に保存されています(ワトソンちゃんはそれを基に執筆している)。

 

パパの名前はジョン・H・ワトソン

 

 

 

 

この名前がですね……

 

何とワトソンパパ、既にこれまでの事件に登場していたのです!!

 

 

 

 

第1話「大いなる旅立ちの冒険」で、このミス・ジェゼール・ブレットちゃんが殺したナルホドの大学の教授こそ、ジョン・H・ワトソンだったのです!!

 

 

 

 

 

この人。そういえばそうだった……。

まさかここ繋がるとは思ってなかった。

 

 

というかナルホドが回想するまで完全にワトソン教授のこと忘れてました。

 

 

 

ワトソンちゃんには真相は言わない方がいいと思ったのか、裁判のことは打ち明けないナルホド。

犯行動機も分からなかったしね。

 

 

 

 

そしてワトソンちゃんが今、質屋に預けている未発表の原稿があります。

ホームズの強い反対を受けて発表を控えたそうな。

もしかしたらパパリンの死の真相に関係してるのかも!

 

 

 

そんな原稿ですが、なぜかスサトがその内容を知っている風な発言をします。

 

彼女はうっかり口を滑らしてしまったみたいですが、ワトソンちゃんが聞いても

なぜ知っていたかについてはこれまた教えてくれない。。。

 

 

 

 

 

 

スサトへの出頭命令

夜も更け、おやすみの頃。

先日スサト宛にきていた電報の中身について、教えてくれました。

 

 

 

 

あの電報は、出頭命令でございました。

明朝、ヴォルテックス主席判事閣下の執務室へでございます」

 

 

 

 

ちなみにヴォルテックスとはこの人。

イギリスの司法界で一番偉い人です。

 

 

スサトの様子からすると悪いことをしたわけではないみたいですが、なぜスサトだけが呼び出されるのか…

ここに来て急に謎めくスサト(笑)

 

何者なんだこの子。もう匂わせることが多くて片っ端から伏線忘れちゃうの( ˘ω˘)もうだめなの( ˘ω˘)

 

 

 

 

 

 

そしておやすみなさーいをして更に1hour later。

 

ホームズが深夜「ジーナがいない」と言ってナルホドを起こしに来ます。

ジーナもこの日、ホームズ宅で一緒に夕飯を摂り おやすみ前トークもしました。

 

 

 

 

(その時ジーナがスリをする理由について、スラム街にいる親を亡くした子供たちを食わせていくためだと聞いて切なくなる)

 

 

 

 

 

ジーナの居場所はすぐに見当がつきました。

ホームズ宅隣の、ハッチの質屋。

深夜なのに明かりがついており、ジーナいる可能性が濃厚です。

 

 

 

 

 

ここからホームズのただのイケメン祭始まる。

 

 

 

 

その1。

ナルホドと一緒に質屋に入り、身を潜めている何者かの気配に気が付く。

 

 

 

 

 

その2。

いきなり出てきた二人のシルエット。直後ホームズ撃たれる。

響くスサトの断末魔。

 

 

 

シルエットなんですが、1秒も表示されないので3回スクショに挑んだけど見事に玉砕しました。

 

 

 

 

 

その3。

いつものジョークかと思ったら本当に撃たれていた(動揺)。

自分に構わなくていいから早く奥を確認しろとナルホドを急かす。

 

 

 

 

 

今回のアニメシーンでは、めちゃくちゃホームズが喋ってくれるので声が聴けて嬉しかった!

 

 

 

 

 

ちなみにホームズ、34歳でした。そんなに若くないとこがいい。

 

 

 

ロジェといい、30~40代くらいの男性に弱いのよねー。

若気の勢いとか落ち着いて、余裕あるとこがいいのよねどうでもいいですねごめんなさい。

女の子は可愛ければ何歳でもいいです。

 

 

 

 

とにかく、〆のドアップでホームズのイケメンっぷりがより確固たるものになった訳です。

祭終わり。

 

 

 

 

 

ナルホドが、質屋の倉庫に続くドアの小窓?から中をのぞくと…

(小窓のノブと、ホームズのゴーグルについてるマークが全く同じなのが気になった)

 

 

 

 

 

店主のハッチ、そしてジーナが倒れていました。

二人が無傷なのかどうかは、このシーンからはまだ分かりません。

 

 

 

スサトがワトソンちゃんの原稿内容を知っていたことについて、質屋から原稿を盗んだやつがいるんじゃないか?と疑っていたジーナ。

 

もしかしたら解決してやろうと思い、一人で乗り込んだのかも。

 

 

 

 

ジーナさあああああん!!!

とナルホドがオドロキしたところで「つづく」となりました。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上!

ハッチの質屋はどんだけ危険なもの預かってるんだ?(笑)

 

 

にしてもやっと1話の伏線が、ワトソンちゃんやホームズと繋がってきたので安心しています!

正直、もうこのまま立ち消えになるんだと思い始めていましたw

 

 

今回の記事にかかった時間は1時間50分(!)、修正回数は1回です。

 

 

ではまた次回!( ˘ω˘)→真実 大逆転裁判-16

ばいばい♪

 

 

 

スポンサーリンク