ケンカに巻き込まれるプレイヤー。リディー&スールのアトリエ-20

2018年3月26日リディー&スールのアトリエ

 

 

 

結論:フルボイスの功罪

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

あの、仲の良い双子がね…

ケンカする回がやってきたんですよ。

 

 

 

もう大喧嘩です(笑)

 

 

私自身の経験ですが、何か家族って誰かが落ち込んで復活したら

次他の人がずどーんって落ちませんか?

 

それかなって☆

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

第10話「声と夢」

 

前回→プロポーズの場所がある!リディー&スールのアトリエ-19

 

 

声=一部の錬金術士だけが聴ける「材料の声」

夢=「二人が国一番のアトリエになった後に実現したいこと」

 

 

今回のチャプターは、どうやらその2つにまつわる話となるっぽいです!

 

 

 

 

リディーは、ゲームの最初から材料の声が聴こえる能力がありました。

 

「スーちゃんには聴こえず自分にだけ聴こえること」

に後ろめたさを感じて、スールに打ち明けられることができないでいます。

 

 

 

まあこれが後で、爆弾となるわけです。

 

 

 

 

 

一方、最近ずっとメインフォーカスされていたロジェパパ!

 

調合時の手の震えもおさまり、本来の力を取り戻してきました。

 

「ぐしゅんぐしゅん…謝るから許してぇ!」

といつものロジェに戻ってきた(笑)

 

 

こんなこと言ってもまた娘に迷惑かけても許せるようになった私。

双子と共にしっかりアトリエに心 育てられちまったぜ…へへっ!

 

 

 

 

 

 

Aランク試験!

 

野望ノートの課題をこなしていくと、ついにAランク試験が受験可能となりました!

 

 

 

ちなみに野望ノートって、受験資格を得るためにある程度こなさないといけないんですが

あえて表現がぼやっとしてるんですよ。

 

 

 

例えば「錬金術で調味料作り!」と書いてあれば

「アプコール」っていうアイテムを作らないといけないんですが

 

こんな風にはっきりと「○○をこなす!」

んじゃなくて少し遠回しに書かれています。

 

 

そしてその遠回しの表現が、アトリエランクが上がると難しくなっていきます。

 

 

そのため今回、このAランク受験資格を得るのが結構難しかったです!(; ・`д・´)

(攻略サイトではないので、内容は割愛)

 

 

ただ、各キャライベントもせっせとやっててよかったなと思いました。

 

 

 

 

そして苦労して得たAランク試験の内容は、公認錬金術士の推薦状を3枚以上もらってこいというもの。

 

推薦状が3枚あれば、双子も公認試験が受けられるようになるのです!

 

 

 

 

メルヴェイユには今、

ロジェ・イルメリア師匠・ソフィー・フィリスがいるのでその4人全員から推薦状をもらいます!

(多分3枚揃った時点でOKだけど、花丸合格したい)

 

 

 

 

 

 

イル師匠の推薦状!

 

イルから出される課題は3つ。

もう今回の試験は課題が課題を呼び…わけわからんことに(笑)

 

 

 

 

まずは、虹色中和剤を10個納品。

 

 

 

 

 

 

その次は、郊外の森の魔物討伐。

この魔物たちは、初めてイルと双子が出会ったときにいたのと同じ奴ら。

当時は双子が倒せずピンチだったところをイルに助けてもらいました。

 

 

 

もう今ではすっかり強くなったのでおちゃのこさいさい!(古)

3匹まとめて1ターンで終了でっせ!

 

 

 

 

それから3つめの課題は「高品質な夢の絵筆を作ること」

これは、最初のアトリエランク試験で作ったアイテムでもあります。

 

 

あの時は絵筆すらも満足に作れなかったな~

イルの課題、双子の進化がよく分かってどれもとても素敵だなって思った。

 

 

 

 

ちなみにどれくらい高品質にすればいいか分からなかったので、とりあえず品質600くらいに仕上げて納品したら合格しました!

もっと低くてもいいかも(汗)

 

 

 

 

 

 

フィリスとソフィーからも

フィリスの推薦状は、4人の中で一番簡単に入手できます。

フィリスと戦って勝てばいいだけ!(笑)

 

単純明快でありがたや…。

 

 

今の双子の戦闘レベルは47、それで余裕で倒せました!

 

 

 

 

 

 

一方ソフィーからは、ちょっぴり高度な調合を求められます。

 

ずばり賢者の石の作成!

 

 

 

今、アプリ版でアトリエシリーズ1作目の「マリーのアトリエ」をやっているんですが

マリーでは賢者の石の作成が集大成の1つになります。

 

 

 

なのでアトリエで賢者の石って聞くと「えええええええ!!」

と怯むんですが、今作は気づいたら作れましたw

 

 

あくまで、錬金術士の通過点に過ぎないとおっしゃるソフィーでした。

なるほど。

 

 

 

 

 

 

ロジェとオネットから、お墨付きの推薦状!

最後は、ロジェ。

 

「オネットに親孝行をしてくることが課題」と言って、

ロジェからオネットへの手紙(指示書)ごと絵画の中へ送り出されます。

 

 

 

 

日記を書くのが趣味だけど、絵画の中では新しい日記帳を手に入れられないというオネットに

「無限に書ける日記帳」を作ってプレゼント。

 

 

 

 

 

ロジェの算段では、まだいくつか高度なアイテムを作らせる予定だったようですが

双子の実力に感動したオネットからの大反対を受けてその場で推薦状発行(笑)

 

 

 

 

 

こうして揃った4つの推薦状をミレイユへ届け、Aランク試験

花丸合格しました!!

 

 

 

 

 

 

きっかけは些細なこと

そして今回も、不思議な絵画を紹介してもらうのですが

ミレイユからは「これが最後の絵画だから、探索を楽しんで」と告げられます。

 

 

 

アトリエに帰り、修復の絵の具を調合していると突然

事件は起こりました。

 

 

 

「(私は薬になりたい…薬になりたい…そこのあなた…私を手に取って)」

とか

「(おら爆弾になりてえんだあ!!)」

とか

 

 

ついにスールにも、材料の声が聴こえるようになったのです!

この声が聴こえてきた時は、なぜか鳥肌が立ってしまった私w

 

 

 

聴こえることをずっと隠してきたリディーは、後ろめたさから

スールの変化を素直に喜べず。

 

その反応を見ればスールはすぐにリディーが隠してきたことに気が付きます。

 

 

 

 

もうそこから後は悲劇に。

スール「何で今ままで黙ってたの!?

自分が優秀だからって、そーやってずっと私のことバカにしてきたんでしょ!」

 

リディー「するわけないでしょ!そんな事も分からないの?

今まで話すタイミングなかっただけだよ!」

 

 

と、これまでのうっぷんもついでに晴らし合う女の泥沼祭り勃発。

 

 

 

 

せっかく絵を修復して皆で絵画の中に入るときも、ずっと背中を向け合う二人。

 

まあね、このくらいならいいんですよ。

 

このケンカはどうやら絵画をクリアするまで続くみたいですし、生暖かく見守っていく所存です。

 

 

 

 

ただ、これだけじゃない!!

 

 

バトル中の会話、釣りシーンでの会話、マップ探索中、アトリエにいる時

調合の時、買い物する時…

 

など日常シーンにおけるすべての会話にこのケンカモードが適用されている!!(笑)

 

 

 

 

「…どこ行くの(不機嫌)」

「…釣りの時は冷静にならなくちゃ(棒)」

「…癒します(やる気0)」

「はあ?」

エトセトラ。

 

 

 

……。

…………。

 

 

 

ちょ待ーてーよ(ものまね)

 

 

 

 

何で私が双子にあたられてるんだーーーー!!

 

という気持ちになり、このケンカモード始まって5分でかなり不快になりましたごめんなさい。

 

 

ちょ、ま、おま…わいプレイヤープレイヤー!(;´Д`)

 

 

しょぼーんとした声で話すならまだしも、全てが怒った声になるので想像以上にストレスです。

 

 

 

なので今、どこも探索せず調合もせずソッコーでこのチャプターを終わらせたく必死です(笑)

いやほんと他人のケンカになぜゲームで巻き込まれねばならんのか。

 

 

フルボイスの功罪ですな。

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上!

 

今回は最後に突如メンタル浸食される展開でした(笑)

 

 

ああ~~早く。

早く仲直りしてください。

 

 

ささっと次の絵画クリアします!!

 

 

今回の記事にかかった時間は3時間、修正回数は1回です。

 

 

ではまた次回!→泣かせにきた リディー&スールのアトリエ-21

 

ばいばい♪

 

 

 

スポンサーリンク