愛ゆえに… 大逆転裁判-13

2018年3月26日大逆転裁判

 

 

 

結論:やっと気持ちよく解決した事件!

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

前回、カワイイ新婚さんが

出てきて証言!(→告発しちゃうゾ)

 

 

今回でようやくソーセキ事件(今4話)終了です。

5話までなので、早くエンディング見たい。

 

 

 

逆裁に限らずなかなかね

遊ぶ時間が取れないのだけど。

 

大人になってこんな時間足りなくなるとは思ってなかったヨ!

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

かわいくない嘘

 

↑目撃証人のパット・ローラ夫妻

 

 

 

ソーセキ下宿先の家主、ガリデブ夫妻の夫婦喧嘩の際

 

妻の投げた包丁が外に飛んでって被害者に刺さったのでは?

説が浮上してきた法廷。

 

 

 

パット・ローラへのさらなる尋問で、

 

・事件現場はパット(彼は警察官)の担当区域のギリギリ外だったこと

・ローラがパットから受け取った結婚記念の花を、事件現場付近に落としていたこと

 

が判明します。

 

 

 

 

花。

 

 

貧乏なパットが、仕事中

道端に落ちてる金を拾い集めてようやく買えたバラ。

 

 

 

これを事件当日の結婚記念日の夜、ローラに渡し

二人はそのままお祝いディナーに行く予定でした。

 

 

 

普段、仕事で家をあけっぱなしなことを気にしていたパットは

この日絶対にローラと二人で過ごしたかった。

 

 

 

 

ナル(ブライヤーロードの反対側に移動した花束か…)

 

 

 

 

ローラが花について話そうとすると、

パットは急に「夫婦の問題だから事件には関係ない」

と言って話をそらします。

 

 

 

 

刺された被害者を見て気が動転したローラは、

現場近くに花を落としてしまいましたが

 

通報後に現場に戻った時、花は事件現場と反対の通りに落ちていたと証言。

 

 

 

 

 

 

そして、包丁を投げたであろうガリデブ夫妻の部屋の窓は

必要以上には開かない仕組みになっていました。

 

 

なので、下宿先の反対側(事件現場)まで包丁をぶっ飛ばすことは不可能。

 

 

 

 

ナルホドは気づいた。

 

移動したのは花でもなく、

包丁が不可解な飛び方をしたのでもない。

 

 

 

被害者とそのほかの証拠品が、

まるごと反対側の通りに移動されていたのでした。

 

 

 

 

それができたのは、ローラが通報しに行っている間

一人で現場を守っていたパット。

 

 

本当の事件現場は、彼の担当区域で起きていたのです。

 

 

 

初めての結婚記念日で、苦労して用意したデート。

 

 

突然発生した事件に邪魔されたくなかったパットは、

被害者が既に死んでいると思い込んでしまい

担当区域外に動かしました。

 

 

 

 

それは立派な犯罪でしたが、バロック検事の温情で

パットの籍はスコットランドヤードに残されることになりました。

 

 

 

普通にいい人。

 

 

 

 

 

 

夫婦の愛

 

ここまで来れば、最後に話を聞くべきは一人。

 

ガリデブの妻、ジョーンの尋問です!

 

陪審員が尋問されるなぞ前代未聞のこと。

 

 

ですが、バロックは法廷のざわめきを制して発言します。

 

 

 

バロック「このナイフに覚えがあるのならば…その真実を語るがいい。

検察側は、この者の尋問に同意する

 

 

 

それは、ナルホドとバロックが一緒になって

真実を追求する瞬間でした。

 

 

 

 

ナルホドは、自分が法廷の一員として

事件を解決に導いていると実感。

 

 

 

 

 

 

ナルホド(ぼくは…『弁護士』としてこの法廷に立っているんだ!)

 

 

 

 

この、仕事が楽しくなってくる感じ分かる!( ˘ω˘)

ナルホドがどんどん軌道にのっていく~。ね。

 

 

 

 

 

証人台に立ち、ぶるぶると震えるジョーンでしたが、

裁判を傍聴にきていたガリデブ氏が

 

共に証言を申し出てくれました。

 

 

 

今回は夫婦の愛が色々巻き起こす事件ですね。

 

 

 

 

 

証言「ガリデブ夫婦戦記」をゆさぶっていくと、

 

ガリデブ氏の持ってるキセルに何か硬いものが当たって壊れた

 

という情報が出てきます。

 

 

 

 

キセルを調べると、あっさり解決(笑)

 

 

被害者に刺さっていた包丁、先が欠けてたんですが

その部分がキセルの中に引っかかっていました。

 

 

 

いや気づけよ!

苦笑だわ(笑)

 

 

 

 

検事もショックを受けるw

 

 

 

 

そして一気に色々な謎がつながります。

 

 

被害者が手に持っていた、ガリデブ氏の「師子王物語」

先に上から落ちてきたので、確認するために拾おうとした

 

 

真上から落ちたのに頭ではなく背中に刺さった包丁

本を拾おうとかがんだ瞬間に刺さったから、背中になった

 

 

 

 

やはり、ガリデブ夫妻のケンカが起こした

誰も悪くない悲しい事件だったのでした。

 

 

 

関係ない人を傷つけてしまったショックで倒れた妻を支え…

ようとしてこの後盛大に転んだガリデブ氏(笑)

 

 

 

 

やっぱ結婚当初↓のようにはいかないよね!

 

 

 

 

 

 

 

ソーセキの疑いは晴れ、

無事に無罪となりました。

 

 

 

 

 

 

やっと、全てが暴かれた事件となりました。

 

 

被害者は意識はまだないものの傷は順調に回復しており、

目を覚ますのも時間の問題だそうで。

 

 

ガリデブ夫妻、パット夫妻ともに重罪に問われることはなさそうです。

 

 

 

ただ、結局被害者がどこの誰なのかは最後まで分からず。

 

 

てっきり裁判の途中で意識が解決して、真犯人の情報でも

分かるのかと思ってました。

 

 

 

確かに解決はしましたが、

どの回でも必ずもやっとするポイントを入れてるってことは

 

 

伏線ではなくただ単に、

昔の裁判は何もかも明らかになる訳じゃないよっていう

メッセージかなん??って思えてきた…(ё)

 

 

 

うーん…すっきりしねぃなあ。

 

 

 

 

 

 

ナルホド、ロンドンに事務所をかまえる!

 

 

無実を証明してもらったソーセキ。

ちょっと存在を忘れていた。

 

 

 

この後日本に帰り、これからは留学で感じたことを生かしつつ

小説を書きたいとおっしゃっていました。

 

頑張ってくださいね。

 

 

 

ていうか今回の容疑者

夏目漱石である必要性あった?(´ω`)

 

 

 

 

と思いましたが、少し調べると

漱石(本物)のロンドン最後の下宿先とホームズんちの住所は近かったらしく

 

「漱石と倫敦(ロンドン)ミイラ殺人事件」

という、この二人が題材となった小説がありました。

 

それでかな?

 

 

 

裁判終了後にはホームズが法廷にきてくれ、

下宿先の見つからない二人のために空き部屋を提供してくれると発言!!

 

 

ビッグサンキューホームズ。

 

 

 

 

そして早速、ホームズのお宅に移動します。

ソーセキ裁判以降ほんと空気だったね。

 

 

まあ空き部屋というか、屋根裏。

 

 

でも屋根裏ってめっちゃ楽しくないですか??

 

 

立ち上がるとちょっと狭い、何なら立ち上がれないくらい狭い

秘密基地間がとてもいい。

 

 

和風家屋の屋根裏もね、すごく好きです。

 

 

 

 

 

メインキャラ風空気のアイリスちゃんが、

この部屋を片付けてくれたそう。

 

お祝いの夕飯もたくさんこしらえてくれました。

 

 

 

 

そして、ここで初めて上着もろもろを脱いだホームが登場。

 

めっちゃ好き!

 

めっちゃ好き!!

 

 

 

キセルを吸う!

 

 

 

 

 

髪をかき上げる!!

 

 

かーっ!!

いいよいいよ!兄ちゃん!

 

 

 

急に動作の何もかもが5割増に見えるホームズ(笑)

 

これはずるいわ。

最高ジャン。

 

 

 

そんなホームズから、最後に警告。

 

 

 

「ロンドンは、世界で最も華やかな大英都だ。

そこに落ちる影は…暗く濃い闇になる。

 

今に君も知るだろう。その闇の深さをね…」

 

 

だって。

 

何よ急にイケメン発言してきて。

 

 

だ、騙されないんだからねっ!

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

 

あーホームズまじ惚れた。

 

 

シャツの袖まくりはやばいわ。

しかも上着の下ベストとか紳士かよ。

 

 

やっとこのゲームで恋できる男性を見つけたところで

第4話「吾輩と霧の夜の冒険」終了!

 

 

今回の記事にかかった時間は2時間半、修正回数は1回です。

 

 

ではまた次回→新章!語られない物語の冒険 大逆転裁判-14

 

ばいばい♪

 

 

 

スポンサーリンク