このペア最強!!大逆転裁判-1

2018年2月22日大逆転裁判

 

 

 

結論:逆転裁判がすごいことになってた

 

 

こんにちは!ぷにまろこ(@punimaroko)です。

 

 

 

大逆転裁判のアプリ配信が9月から開始され、とりあえず買っとこう!

とスマホに入れてはや12月になりそう。コトシオワルワ。

 

 

 

 

 

 

 

ようやくプレイ開始できたので、プレイ日記書きます!(^^)

 

CERO区分はB(12歳以上対象)です。

 

 

 

 

 

 

 

※以下ネタバレ注意です。また、この記事は私個人の感想です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

これまでの逆転裁判

 

 

私は逆転裁判1,2,3しかやったことがありません。

 

 

 

 

ちなみに逆転裁判とは

弁護士:成歩程龍一(なるほどうりゅういち)が、依頼人(被告)の無実をはらすため

 

探偵パートで証拠や情報を集め

法廷パートでそれらを検察側や証人につきつけ真実を引きずり出す

 

というゲームです。

 

 

決め台詞は「異義あり!

 

 

 

霊媒、サイコロック(心の鍵)など独自の世界観?に基づいたシステムもあり

 

キャラの掛け合いも面白く、何回遊んでもまじで飽きません!

 

 

 

なので大逆転裁判もすごく楽しみにしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第1話「大いなる旅立ちの冒険」

 

 

 

成歩程龍之介(主人公)が弁護士デビューして活躍する話。

 

 

時は開国から数十年後の明治時代。

 

 

 

 

 

龍之介(以下ナルホド)はどうやら、成歩程龍一の先祖。

 

 

 

 

 

 

 

彼が、レストラン「ラ・クワントス」で食事をしていたら銃殺事件発生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駆けつけたボーイが見たのは、銃を持って現場に立つナルホドでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弁護士:亜双義 一真(あそうぎかずま)

 

 

早速裁判が始まります。

この控え室の雰囲気!懐かしくて感無量です。

 

 

 

効果音なども初期の逆裁と一緒ー!!

 

3からいきなり大逆裁に飛んだので、感動しっぱなしです。

 

 

しかもキャラがスムースに動く!しかも3Dになってる!!

 

 

 

 

 

逆裁進化しまくってる…( ; ゜Д゜)

 

 

 

龍之介を弁護してくれるのは、親友であり同じ勇盟大学の学生 亜双義(以下アソウギ)。

 

 

彼は多分、逆転裁判で成歩程のライバルであり親友だった御剣(みつるぎ)検事の先祖。多分ね。

 

 

 

 

 

「キサマは、~」などの口調や仕草、顔も似せてる。

何にしろ、再び黄金コンビが見られて嬉しい。

 

 

ただ、彼はライバルではなく味方としての登場です。

 

 

 

 

 

 

 

ラ・クワントスでアソウギの国際留学決定を祝っていたナルホド。

 

 

彼は、大英帝国(イギリス)へ司法の勉強に行くことが決まりました。

 

 

 

 

 

そしてアソウギ退店後、ナルホドが一人になってから事件が起こりました。

 

 

 

 

近くのテーブルに大学教授が座っていることに気づいた彼は

一旦挨拶して(偉いね) 席に戻ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてナルホド、帰り際 床に落ちていた銃を拾う。

 

 

 

その瞬間発砲音がして、気がつくと被害者は死んでおり

あれよあれよとナルホド逮捕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

控室に戻り、そこへアソウギの留学決定に貢献した

勇盟大学の教授がやってきます。

 

 

 

 

御琴羽 悠仁(みことばゆうじん)。

 

名前が尊そう。

 

 

 

 

 

 

彼の計らいで、今日の弁護士は誰か?という質問には「私です」と答えなさいと言われるナルホド。

 

 

万一負けたとき

アソウギの留学を取り消しにさせないための策です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チュートリアル、開廷

 

 

大審院に入ります。

ナルホドぱちくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆裁は、1話目はチュートリアル回ですがしっかり楽しめるのが嬉しい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、チュートリアルにはお馴染みの亜内(アウチ)検事も登場です。

 

 

 

いい感じのチキンヘタレおじさんです。

 

 

 

 

 

 

 

アソウギが、どうやって裁判を進めるか教えてくれます。

 

困った時には法廷記録

 

 

ここに、集めた証拠品が記録されていきます。

 

証拠品は基本、探偵パートで集めますが法廷を進めながら新な証拠品が集まることも。

 

 

 

 

 

 

そして人物像情報も、関係者資料からチェック。

 

 

被告人や被害者、証人の情報もここにたまっていきます。

 

 

 

犯人は誰?証拠はどれ?と聞かれた時にはすぐ指し示せるよう

新しい情報が手に入ったら一回目を通します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

被害者のワトソン教授は、招待してイギリスから来日してくれてる人。

 

 

日本はどうやら最近「日英和親航海条約」をイギリスと結んだらしく、

 

こんな国際事件はとっとと解決しないと

国交にヒビが入ってやべーから!と方々から圧がかかっているこの裁判。

 

 

 

 

誰でもいいから犯人を検挙せねばなりません。

そこにナルホドが転がり込んでもーたと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

死因は銃弾による失血死。

これらが分かったところで、アウチからも証拠写真の提示です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、ラ・クワントスのボーイ

細長 悟(ほそながさとる)からの目撃証言開始(ナルホド銃持って立ってたよーて)。

 

 

やたらと咳き込んでは血を流す男。

 

 

 

 

 

 

 

この男は、これからナルホドと長い付き合いになりそうです(理由は後に)。

 

 

 

 

 

 

 

法廷の途中では、こんな感じで選択肢が出たり、状況に適した証拠を求められたりします。

 

間違えられるのは5回まで。

 

 

 

 

 

 

その後、目撃証人が2名あらわる。

 

 

 

う、、うーん。。女の子はよ。

 

 

 

 

 

 

まずは証人が喋るのを一通り聞いて

その後弁護側から先程の発言についての尋問タイム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで相手の発言、一言一言に「ゆさぶる」「つきつける」ことができる。つきつける箇所を間違えたらペナルティ

 

 

「ゆさぶる」→怪しい反応を見せたり、新たな事実を喋ったりする

 

をやってから

「つきつける」→発言の嘘や勘違いを指摘できる証拠を選ぶ

 

 

て感じで、また新しい証言を引き出していきます。

 

 

 

 

 

 

ここでは、被害者の食卓に食べかけのビフテキが置かれてる写真が出てきましたが

 

ナルホド達が手持ちの証拠品を「くわしく」で調べてみると

 

 

 

 

 

歯医者の診察票に「抜歯して麻酔効いてるから3時間食事禁止」と記載が。

 

 

 

 

 

 

これはワトソン教授以外(真犯人)がビフテキを食べていたこと、

このテーブルにはもう一人誰かが座っていたことを意味します。

 

 

 

 

ナルホドは、被害者の教授ともう一人、若い女性が座っていたと証言。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目撃証人達はそんな人いなかったと嘘ぶきますが

「ゆさぶる」と「つきつける」をやってる内にボロをだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おじいちゃん可愛過ぎかよw

 

 

 

 

 

 

警察からの圧力で口止めされてたそうです。

 

 

アソウギおこ。

 

 

イケメンは怒ってもイケメン。

アソウギにならキサマと呼ばれても構いません。

 

 

 

嘘です多分ミコトバ先生にチクリます(ビビり)。

 

 

 

 

 

そして、証拠品「くわしく」から

ボーイの細長が潜入捜査官(刑事)であったことが発覚。

 

 

 

 

 

 

潜入捜査をしていた理由は、この事件とは関係ないから黙っていたそうな。

 

 

 

 

 

 

 

彼は「どうせやるならカンペキな捜査を」という己の信条のもと

上からの特務命令に背いて情報を伝えます。

 

 

 

彼女は勇盟大学の留学生だそうです。

 

 

あんたそんなんバラして大丈夫なのか?と心配するアソウギ達に

ドMっぽい一面を垣間見せるホソナガ。

 

 

 

 

 

 

 

どうやら、今作でのイトノコ刑事ポジションは彼みたい。

 

※イトノコ刑事…逆裁1-3でいつもナルホド達に情報を引き出され

上司や御剣に怒られる、楽しくて可哀想な刑事。

 

でもピンチの時に証拠品をもって駆けつけてくれる便利な愛されキャラでもある。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、真犯人とおぼしき おしゃれ英国人女子、

ミス・ジェゼール・ブレットちゃん

 

 

 

次回登場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さいごに

 

以上!今回はここまでです。

 

 

名前も見た目も性格もクセ強い目撃証人達、

 

お馴染みキャラ達のオマージュ

 

 

 

昔を懐かしみながら新しいゲームを楽しめることができて

ちょー楽しいです!!

 

 

 

 

 

 

アソウギも、裁判冒頭で

「弁護側。もとより」

 

 

と発言するのですが、御剣も同じだった。

 

 

 

 

 

©CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

 

 

 

ナルホドが銃を拾い、犯人と間違えられて逮捕されてしまうのも

 

逆転裁判1の御剣が冤罪で捕まった事件とかぶっています。

 

 

 

あの時はナルホドが助けたけど、今回は御剣(とダダかぶりのアソウギ)

助けてくれるいうファンサービスがあるのも嬉しいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだこっちのナルホドは、法廷に立ったばかりなので異義あり!と決め台詞は言いませんが

 

裁判が進むにつれてだんだん弁護士らしくなっていきます。

 

 

 

大逆転裁判が終わる頃にはどんな弁護士になってるのか楽しみです。

 

 

 

今回の記事にかかった時間は5時間、修正回数は10回です。色々あった…(泣)。

 

 

 

ではまた次回に(→ニッポンの裁判ごっこ 大逆転裁判-2)。

 

 

ばいばい♪

 

 

スポンサーリンク